スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
8Hemine
 試作を兼ねて、ワンマイルウェアとして作りました。
裏も付けてないので、途中までは簡単簡単と楽勝モードでした。
悩んだのは襟元の始末と、袖付けでした。
このワンピースは見返し始末で、普通の型紙の方は見返しがあるのですが、
アレンジの方の見返しが無くて、どうしようかと。
後ろ肩にダーツが入っているので普通に身頃の型紙からはとれないし、
今、お店に質問中です。
今回はバイアス見返しにしました。
ちょっと失敗気味でシワが寄っています。
始末する前に何度も試着したので少し伸ばしてしまったのか、襟が抜けるのでダーツを多めにとりました。
袖の始末は、「アイテム別部分縫い集・ブラウス&ワンピース編」を参考にしました。脇を縫う前に袖を身頃に縫いつけて、脇を縫ったら袖を輪にするはずでしたが、そこが良く分からなかったので、今回は袖口を1センチ織り上げた状態で身頃の脇に縫いこんでしまいました。薄い生地だからOKだけど厚地の場合は厳しいかも。
着てみると、適度なゆとりと、身頃の前後にダーツが入っているせいか、横から見たときのシルエットが奇麗です。
袖にスリットが入っているので、結構ハリのある生地なのにピンと立ちあがってしまったり、必要以上に二の腕が太く見える事もありません。
ちょっと肩がきつかったので、傾斜を緩くしてあります。


以下自分メモ

首から肩にかけて縫いしろを0〜0.5の傾斜で削る。
袖の縫いしろを1cmにする。
胸ダーツを多めにする。
様子を見て後ろ肩ダーツを5mmに。
ファスナー縫いしろを1cmにしてみる。
洋裁-服 comments(0) trackbacks(0)
トルネィオ 796U
とうとう購入しました。
職場でも「ミシンほしい〜」という私に。
「買っちゃいな!」と背中を押してくれる人多数。
機種選定にウジウジと悩む私がネットを徘徊すると、
どうやら796とHS-700が廃番になって796Uになったらしい。
え〜悩む必要無いじゃん!と思い主人にお伺いをたてた。
珍しく、「なんで?」「これ以上どうするの?」と焦る主人。

そうだよね〜でも、結局許可が出てこうなりました(笑)
ロックにゴミがたまりすぎ・・・

足元にも1台あるので主人の気持ちはわかります。

796とHS-700は付属品が違うのでそれを統一して、
ルーパー糸調子ワンタッチ切替という機能がついたらしいです。
HS-700本体にあったらしいメモリは無くなっています。

付属品は
カバーヘムガイド 透明押さえ 専用テーブル ステッチ定規

私的にはバインダー付けてほしかったなとは思うけど人それぞれだからね。
今回はオプションでバインダー買いました。

昨日はじめて腰を据えて縫ってみました。

上から6mm 6mm 3mm
糸調子がちょっと違います。
でも、なんでこの生地を使ったんだろう!?
奇麗に縫えるもののちょっと引っ張るとかまぼこになります。
こういう生地にはトリプルステッチが良いらしいので今回はそうしちゃお。
3mmの方が気に入ってるんだけど、裏が酷い。
練習あるのみ!でせっかくだから使いこなします。
洋裁-雑記 comments(0) trackbacks(0)
決心
 そんな大げさなものでもないけどね。

通信教育の方は、本音を言うとまだ迷っています。
実はドレメにちょっと疑問点があって問い合わせていました。
ものすごく丁寧な解答を頂いて、グッときてしまったのです。
新原型がいつ頃から教材に反映されますか?というものだったのですが、
もう少し時間はかかるみたいですが、縫製の技術をしっかり学びませんか?
っていつも雑でどこか抜けてる私は「お願いします!!」と飛び込みたくなりました。

これは保留にします。
多分早くても終了までに2年間たっぷりかかると思います。
その最後の追い込みが7月とか8月って絶対無理だと思うんです。
せめて9月、資金的にもその方がいいかなと思いまして思う存分悩みます。


そして、カバーステッチの件ついに昨日主人に言ってみました。
はじめは「ミシン4台もどうするの?」「何がしたいのあなたは?」とか
言っていて「とにかく金額的にもかかりすぎない?(ミシントータルで)」
と反対されましたが、「いくらなら良い?」って聞いたら何故か、
「やっぱり良いよ。自分で良く考えたんでしょ?買いなさい」って♪
きゃ〜うれしい・・・・と思ったものの本当に良いのかなともう一度ネットの海を彷徨うと、
トルネィオがリニューアルしてるじゃないですか?
とにかく問い合わせて、付属品等検討して良く考えて注文!と今日を効率よく使うつもりが、
娘が頭いたい気持ち悪いと騒ぎだし・・・・
子供って親がなんかしようとするとこうなんだよね〜っていうには大きすぎて、
かなりムカムカ。でもこのムカムカを利用して勢いで注文しちゃおうかとも思います。
洋裁-雑記 comments(0) trackbacks(0)
文化とドレメ
 ちょっと直したら着心地が良いだろうな〜と思う服が色々。
背中が広くて、肩幅があって、胸はあるのに胸元は寂しい。
背が低いのに横に大きい。
胴は長くて手足が短い。特にひざ下が短い。
下腹が出てる。なんか知らないけど1月のうちにサイズがコロコロ変わる。

そんな体型の私だからこそ、洋裁にはまっているのですが、
素人だけに解決の糸口が見つからないちょっとした色々があるのです。

そこで、「通信教育」やってみる?とひらめきました。

私は20歳そこそこで子供を産みました。
その頃まわりから「子供が育って40歳なったら好きなことが出来るわよ〜」
「40歳になったら十分好きな事が出来るんだから今は云々」
と言われたものです。

そして、もうすぐめでたく40歳になるのです〜
これって好きなことしていいんだよねハフハフとおやつを前にした犬状態です。

今なら、親もどうにか元気だし、子供は大きいし、主人も色々趣味や仕事に忙しいし、
パートも結構融通きくし今しかないんじゃない?な感じです。

通学にしない理由は、勤め先が閉鎖になる疑惑があるので、転職となると、はじめてすぐに通えなくなる可能性があるので様子見中なのです。

そして色々調べてみましたが、やっぱりよさそうなのは文化式とドレメ式。
ネットで調べまくり、資料を取り寄せ悩み中です。

自分的まとめでは、

文化
参考書が手に入りやすい。
スクーリングに行きやすい(地理的に)
製図がしやすいらしい。
地域の方を紹介してもらえるかもしれないらしい。
今「通いたいな」と思っているお教室が文化式らしい。
何度質問しても良いらしい。


ドレメ
費用が安い。
ラインがキレイらしい。
細かく計測したうえでの原型なので体型に合いやすいらしい。
丁寧な教材らしい。

らしい、らしいの怪しい覚書ですね(汗)
今のところ文化に傾いています。
現在持っている本が文化系の物が多い事。
バストサイズと、身長から原型を作りそこから補正をしていくようなのですが、
これが出来るようになると、手持ちの型紙の肩がつかえるとか、この皺が!
にも対応できるのではないかしら?と。

今週いっぱい考えて、結論出したいと思います。



洋裁-雑記 comments(0) trackbacks(0)
カバーステッチの事
 みごとに3日坊主で終わってるこのブログ。
今は時々ツイッターでつぶやいていますが、頭と気持ちの整理の為に久々に書いてみます。

カバーステッチが欲しいと思いだして2年くらい。
すご〜く欲しくなったりあきらめたり波があります。
はじめに実店舗でおススメされたのがトルネィオ2でした。
「結局裾上げとか、袖の処理にしか使わないわよ」と
婦人服を縫うためと伝えた私に販売員さんが言いました。

そして、「ちょっと使ってみたいな〜」と思いつつ向かったのが、
ターミナル駅のそばにある結構有名なミシン専門店。
私の目論見ではココで説明をうけて、あわよくばちょっと使わせてもらって、
週末に主人と一緒に買いに来るというものでした。
ところが、お店に入った時からすご〜く違和感。
4人くらいの女の人が楽しそうにお喋り中。
カバーステッチのパンフが欲しいと言ってみたら、
「ステッチ用の糸ですか?」
トルネィオとかふらっとろっくとかの事だと説明しても
首をひねるばかり。
後から考えると講習中?か何かだったのかな。
カバーステッチを横目に見つつ「やっぱりいいです」と退散しました。

そして、たまたま寄った某洋裁用品のお店。
そうそうここにもミシンがあるじゃない!と勢い込んで
おじ様をつかまえました。
「コレとコレの違いは?」「コレのお値段は?」
おじ様はそっけなく、
「欲しいよね〜」「でもこんなミシンまで実際買う人いないよ」
・・・・・撃沈。

めげない私はネットで問い合わせ。
トルネィオが良いな〜というところまでは決まった。
そして、実際に使ってらっしゃる方からもアドバイスを頂いた。

そこでふと気がついた。
わりとそばにもう1件あるじゃない!ミシン専門店。
そこにはHS-700だって置いてる。
電話で突撃してみました。
「トルネィオとは違うんですか?」と
「全然違うよ!コレは5mm幅でかがり縫い専門だからね」というお返事。
ええ〜と思いながら、「伺ったら触らせてもらえますか?」と聞くと、
「はぁ??アンタ名前は??どこに住んでんの?何が目的?」
もちろん目的はミシンですよ〜www

もういいやネットで買うよ。後はトルネィオのどれにするかだよ。
そして主人に「買っていい?」ってどのタイミングで聞くかだよ。
たぶん「良いよ〜」って言われると思う。
だからこそ後悔しないか自分によく確かめてからって思うのです。

昨日から、ニットソーイングをしつつ「あ〜ココでカバーステッチがあったらな〜」
という場面を意識しています。
そしてアチコチ片づけて置き場もバッチリ。
もう、シャドーミシン状態です。
「ココだ〜」って思ったら買うことにします。


洋裁-雑記 comments(0) trackbacks(0)
anneecotton* 733カシュクールプルオーバー
なんか暗い画像でわかりにくいけど ものすごく気に入って即購入した型紙。 あまり伸びない感じのサラサラしたニットで作成。 下に薄手のタートルを着てもそれほど苦しくないつもり でも、今日近所に買い物に行って帰ってきたら、 胸元が見苦しくなってる 胸回りの寸法が足りてなくてずり上がってきたと思われます。 カシュクールの補正はやったことがないのですが、 せっかく気に入って購入したのでどうにかしてみます。 下にスカートをはく予定だったのですが、 なかなか難しいですね。 背が低いせいが2段階にポワポワ〜と広がるのがダメなのか、 スカート丈がだめなのか、なんか野暮ったいです
洋裁-服 comments(0) trackbacks(0)
ニットスカート
チュニックを作ろうと思って購入したはずのニット生地。 幅が狭くて断念。 そういえば以前持っていたニットスカートが重宝していたことを 思い出して作ってみました。 体調が悪い時にはきたかったのでゴムスカートに。 手持ちの型紙の裏地用を使用。 立っているだけだと良いのだけれど、 動くと微妙な感じ。 後スカートがずり上がってきてだらしない。 残念だけど企画倒れ。
洋裁-服 comments(0) trackbacks(0)
はじめまして

主に自分の服作りの記録です。
マイペースで細く長く書いていきます。
少しでも上達していったらうれしいです。
ミシンも、文章も。

愛用のミシンは
JUKI SPUR 25SP
JUKI MO-114D

はじめまして comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |